スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本三景・松島;瑞巌寺(松島青龍山瑞巌円福禅寺)

zuiganji-8  参道
↑ 瑞巌寺山門zuiganji-6
zuiganji-2  庫裏(国宝)
↑ 登竜門zuiganji-3
zuiganji-4  法身窟
鎌倉時代中期に鎌倉幕府第5代執権北条時頼と
法身性西がであった場所とされています
↑ 瑞巌寺夫婦欅
推定樹齢800年
zuiganji-5
zuiganji-1  鰻塚
↑ 芭蕉碑zuiganji-7


瑞巌寺は日本三景・松島にある臨済宗妙心寺派の禅寺です。
平安時代の初め828年(天長5年)慈覚大師円仁が淳和天皇の勅願寺として開山した天台宗延福寺という寺でした。
その後、鎌倉時代中期に北条時頼が武力で天台派の僧徒を追い法身性西を住職にし臨済宗円福寺に改めました。

円福寺は、鎌倉幕府の庇護の下、大いに栄えましたが戦国時代に寺勢は衰え、その末期に妙心寺派に属しました。

江戸時代になると、仙台藩祖伊達政宗が禅僧虎哉宗乙の勧めで1604年(慶長9年)から1609年(慶長14年)までの工事で復興させ現存の桃山様式の本堂などの国宝建築を完成させました。

このとき寺の名を「松島青龍山瑞巌円福禅寺」に改めています。

1636年(寛永13年)には雲居が入り伊達家の保護の下、隆盛をきわめました。
このとき、それまで瑞巌寺とは別個に存在していた五大堂が、瑞巌寺の管理下に入りました。

周辺には、円通院、陽徳院、天麟院なども造営されています。

【日本三景・松島;瑞巌寺】
所在地;宮城県宮城郡松島町松島字町内91
アクセス;JR仙石線・松島海岸駅から徒歩5分
地 図Googleマップここをクリック


カテゴリ
スポンサードリンク
わたしの街;検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。