スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙台の神社仏閣;龍泉院

ryuusenin02  龍泉院本堂
↑ 龍泉院山門ryuusenin04
ryuusenin  五大虚空蔵菩薩と千躰仏が
祀られている六角堂
↑ 龍泉院 山門のそばryuusenin05
ryuusenin08  布袋尊像
↑ 庭園ryuusenin07
ryuusenin01  東日本大震災の爪あと
↑ 六地蔵の西側山門ryusenin06


龍泉院は仙台の地名に由来する千躰仏が祀られている六角堂があります。
藤原秀衡の創建で、国分尼寺などを末寺にもつ名門です。
西門に並んでいた六地蔵は、庶民の信仰を支えてきたお地蔵さんで六道の辻にあったものを明治時代に鉄道の開通に伴い移されたものです。

この六地蔵も東日本大震災の影響で無残にも横たわっています。

本堂前には「宝の布袋をかつぎいつも笑をはこぶ布袋尊 弥勒菩薩の化身ともいわれている」布袋尊像があります。

【龍泉院】
 所在地;宮城県仙台市若林区新寺2-3-38
 地図;Googleマップここをクリック

カテゴリ
スポンサードリンク
わたしの街;検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。