スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙台の神社仏閣;仙岳院

sengaku-01  仙岳院本堂
↑ 仙岳院山門sengaku-02
sengaku-09  仙台三十三観音11番札所
「小萩観音」
↑ 瑠璃殿sengaku-03
sengaku-06  瑠璃殿前のお地蔵様
↑ 倶利迦羅不動明王像と
六地蔵菩薩
sengaku-07
sengaku-05  
↑ sengaku-08


仙台2代藩主伊達忠宗は家康を祭神とする東照宮の勧請の許可を得て、仙台城下の宮町の北に仙台東照宮を建立しました。
そして、別当寺として仙岳院が創建されました。
境内には山王権現社が勧請され仙台藩の寺院では筆頭の格式で平泉中尊寺もその所管に属していました。
明治時代の神仏分離令により、仙台東照宮から分離されました。

山門は旧国鉄仙山線開通にあたり本来の場所から現在の場所に移動したため、山門と本堂が直線で結ばれていない変則的な位置関係になっています。

仙台三十三観音11番札所にあたります。

【仙岳院】
 所在地;宮城県仙台市青葉区東照宮1丁目1
 地図;Googleマップここをクリック

カテゴリ
スポンサードリンク
わたしの街;検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。