スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙台の神社仏閣;大崎八幡宮

oosaki_itinotorii
oosaki_ooishidan
oosaki_nani
大崎八幡宮・一の鳥居
大石段と三の鳥居
大石段の途中に…
oosaki_san-sandou
oosaki_nagadoko
oosaki_haiden
三の鳥居と表参道
長床
拝殿


大崎八幡宮は、坂上田村麻呂が武運の神である八幡神を祀る宇佐神宮を鎮守府(胆沢城・現在の岩手県奥州市)に勧請し鎮守府八幡宮としたもので、室町時代に奥州管領の大崎氏が自領内の現宮城県大崎市に遷し、大崎八幡宮と称したと伝えられています。

大崎氏滅亡後、伊達政宗が岩出山を経て仙台開府とともに1604年(慶長9年)現在の地に造営をはじめ1607年(慶長12年)完成させたものです。
このとき、従来伊達氏が祀ってきた成島八幡宮と合祀されています。

社殿は桃山建築の粋を凝らした総黒漆塗に極彩色の彫刻や金彩文様の絢爛たるもので国宝に指定されています。

また、1月14日に行われる、どんと祭(松焚祭)と裸まいりは冬の風物詩として有名です。

【大崎八幡宮】
 所在地;宮城県仙台市青葉区八幡四丁目6番1号
 地図;Googleマップここをクリック

カテゴリ
スポンサードリンク
わたしの街;検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。