スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙台の神社仏閣;林子平の墓ー曹洞宗 龍雲院

ryuunin_sanmon
ryuuunin_hondoh
ryuuunin_namiki
龍雲院・山門
龍雲院・本堂
あずま家と
並木路子が植樹した木
ryouunin_rokkakudou
ryuuunin_hayashi
ryuuunin_hosoya
六角堂
林子平の墓
細谷十太夫の墓と
十一面観音


林子平の墓のある寺として知られる曹洞宗 龍雲院は、仙台中心部の北にあり林子平に因んで子平町と名付けられたところにあります。

龍雲院は、豊臣秀吉による伊達政宗の米沢から岩出山への領地替えを機に、仙台進出を心に秘め、その先遣として造営された寺と伝えられています。

林子平は、寛政の三奇人ともいわれ「三国通覧図説」や「海国兵談」などで有名で、境内には林子平考案の日時計や林子平の木造が安置されている六角堂などもあります。

また、映画『愛染かつら』の主題歌「旅の夜風」や、第2次大戦後、並木路子が歌い大ヒットした「リンゴの唄」をはじめ、高峰三枝子、美空ひばり、島倉千代子の歌を数多く作曲した万城目正の墓もあります。

さらに、戊辰戦争において伊達藩隠密鴉組の大将として、30余の戦いで連戦連勝を続け負け知らずの記録を保持する細谷十太夫の墓もあります。
細谷十太夫は、この寺に葬られている仙台藩士、林子平を慕い出家し住職となり寺の復興に尽くしたと伝えられています。
“負け知らず”にあやかり、選挙へ立候補した人たちや受験生などもお参りされているようです。

【林子平の墓ー曹洞宗 龍雲院】
 所在地;宮城県仙台市青葉区子平町19
 地図;Googleマップここをクリック

カテゴリ
スポンサードリンク
わたしの街;検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。