スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新寺~卸町を散策



shinteraryokudou  龍泉院山門前
↑ 新寺小路緑道ryuusenin
syourakuji  孝勝寺
↑ 正楽寺のイチョウkousyouji
syouonji  苦竹のイチョウ
↑ 松音寺山門ichou
Kleenex  卸町のケヤキ並木
↑ クリネックススタジアムoroshimachi




今日、最初に新寺小路緑道に足を踏み入れました。
新寺小路緑道はJR仙台駅近くの新寺二丁目蓮池公園から新寺五丁目までの約640mの文字通り緑に囲まれた幅約10mの散策路です。
次に訪問したのが仙台の地名に由来するといわれている千躰仏が祀られている龍泉院、江戸時代の木造建築が残る正楽寺、伊達騒動に名を連ねる4代綱村の生母三沢初子の石像などがある孝勝寺、江戸幕府の政策で廃止された若林城の大手門が山門に使用されている松音寺などです。

いづれの寺も、ほかの神社仏閣同様に東日本大震災の影響で墓やお地蔵様、灯篭などが倒れていました。
あらためて一日も早い復旧復興への思いがつのりました。

その後、クリネックススタジアムの前を通り、銀杏町の名称の起源にもなった「苦竹のイチョウ」、卸町のケヤキ並木などを散策し帰宅しました。

本日は朝8時出発、午前11時帰宅、いつもより少ない時間の散策でした。



スポンサーサイト
カテゴリ
スポンサードリンク
わたしの街;検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。