スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バラ寺・苔寺・多様な愛称がある円通院へ…

久しぶりに松島を訪れました。

今日の主な目的は、バラ寺とも苔寺とも呼ばれている円通院です。

円通院は伊達政宗の孫、3代将軍徳川家光と従兄弟でもある伊達光宗の霊廟・三慧殿があり松島の瑞巌寺に隣接しています。
そして、「天の庭」「地の庭」の石庭や遠州の庭などの名庭園としても知られており、バラの庭「白華峰西洋の庭」があることや三慧殿の厨子に、慶長遣欧使節を率いた支倉常長が西洋から持ち帰ったバラが描かれていることなどからバラ寺とも呼ばれていますが、近年では境内のいたるところに苔があることから苔寺としても親しまれています。

また、山門の傍の「縁結び観音」は女性に人気となっています。

この円通院は秋の紅葉の季節の景観も素晴らしいものですが、この苔の色どりが深まる梅雨の季節の画像がないため今日の日を選びました。

バラの見頃は6月上旬のようで、満開時期を逃したもののいくつかのバラは見ることができました。

円通院2012.7.8-1  円通院・苔寺の参道を…
↑ 円通院・石庭円通院2012.7.8-2
円通院2012.7.8-3  円通院・バラの庭
↑ 円通院・三慧殿円通院2012.7.8-4
円通院2012.7.8-5  円通院・山門
↑ 円通院・遠州の庭円通院2012.7.8-6
観瀾亭 2012.7.8  日本三景松島・五大堂
↑ 観瀾亭 五大堂2012.7.8-2
五大堂2012.7.8-1  瑞巌寺・山門
↑ 五大堂・すかし橋瑞巌寺2012.7.8-2
瑞巌寺2012.7.8-1  
 東日本大震災の大津波は瑞巌寺参道のこの地点まで



スポンサーサイト
カテゴリ
スポンサードリンク
わたしの街;検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。