スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杜の都仙台は深緑の世界

久しぶりに街に出かけると、杜の都仙台はすっかり深緑の世界です。

北目町通2013.6.23  青葉通
↑ 北目町通青葉通2012.6.23
広瀬通2012.6.23  定禅寺通
↑ 広瀬通定禅寺通2012.6.23
愛宕上杉2012.6.23  西公園;ブロンズ「ふたり」付近
↑ 愛宕上杉通西公園2012.6.23-1
西公園2012.6.23-2  勾当台公園;水が流れない滝噴水
↑ 西公園の野良猫勾当台公園2012.6.23-1
勾当台公園2012.6.23-2  晩翠草堂
↑ 勾当台公園;古図広場晩翠草堂2013.6.23


北目町通のユリノキ並木も、定禅寺通、青葉通のケヤキ並木も、広瀬通、愛宕上杉通のイチョウ並木も濃い緑に覆われています。

緑の西公園は人影も少なく、野良猫がワガモノ顔で闊歩していました。

こころなしか「ふたり」「杜に聴く」のブロンズも寂しそうでした。

勾当台公園の滝噴水は珍しく水が止まっていたり、いつもとちょっと感じが違う杜の都です。

初めて勾当台公園の古図広場の古図をまじまじと眺め、今の町名と昔の町名の違いに少し驚きました。
当然のように今の通りと昔は違っていて時代の違いを改めて感じました。

江戸時代の青葉通は大町通の延長線上に、定禅寺通の名称として残る定禅寺は今の県庁の前に表示されています。

スポンサーサイト
カテゴリ
スポンサードリンク
わたしの街;検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。