スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙台も梅はほぼ満開、桜のつぼみも膨らんで…

杜の都仙台の春は、今年は特別遅くようやく梅がほぼ満開になり、桜のつぼみも膨らみ始めました。

西公園2012.4.15  瑞鳳殿の臥竜梅
↑ 西公園の臥竜梅瑞鳳殿2012.4.15
林香院2012.4.15  孝勝寺本堂傍の梅
↑ 林香院の臥竜梅孝勝寺2012.4.15
二十三夜堂2012.4.15  榴岡公園・つぼみの前の花見
↑ 仙台午年生まれの守り本尊
二十三夜堂
榴岡公園2012.4.15-3
榴岡公園2012.4.15-1  仙台の梅の基準木は満開
↑ 基準木ソメイヨシノのつぼみ榴岡公園2012.4.15-2

この春は特別遅い開花・満開です。

同じ臥竜梅がある西公園も、ほぼ満開状態、瑞鳳殿は咲き始めでした。

このように今日は臥竜梅巡りになりました。

伊達政宗が朝鮮から持ち帰ったと伝えられる臥竜梅は数ヶ所で見かけます。
今日立ち寄った、林香院には案内板はありませんでしたが、西公園の臥竜梅は、朝鮮から持ち帰り仙台城に植えられ、明治維新後に移植されたものと伝えられると記されています。

また、瑞鳳殿の臥竜梅は朝鮮から持ち帰り仙台城に植えさせた後、隠居所であった若林城(仙台市古城)に移植したものから取木されたもので、昭和54年(1979)、瑞鳳殿再建を記念して植樹されたものと記されています。

今日は、臥竜梅巡りのほか、仙台の十二支守り本尊・午の賢聖院二十三夜堂や孝勝寺に立ち寄り榴岡公園に行きました。

榴岡公園の前には、仙台市の基準木があり梅は満開、ソメイヨシノはつぼみが膨らみ始めていました。
榴岡公園では、枝垂桜のつぼみが色づいた木の周りで花見をしている人たちの姿がありました。

少し離れた園内の梅はほとんどが満開状態でした。

スポンサーサイト
カテゴリ
スポンサードリンク
わたしの街;検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。