スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真冬の風物詩;どんと祭(大崎八幡宮松焚祭;裸参り)

hadaka5  
↑ 羽織袴姿の世話役を先頭に裸参りhadaka7
hadaka8  神様に息をかけないため、
私語を慎むための「含み紙」を口に…
↑ 白鉢巻に白さらし、白足袋・わらじの
装束に身を包み
hadaka6
hadaka4  ご神火
↑ 裸参り・ご参拝hadaka1
hadaka2  あまりの寒さに提灯で暖をとる姿も
↑ ご神火渡りhadaka3


1月14日は正月飾りを燃やして、無病息災を祈る小正月の伝統行事どんと祭の日です。

仙台では大崎八幡宮の松焚祭、裸参りが有名で真冬の風物詩ともなっています。

境内には、白鉢巻き、白さらし姿で作法通り「含み紙」をくわえ鐘やちょうちんを手に市内各地から行列を組んで参拝する裸参りの人たちや一般参拝者で大混雑です。

この数年、連続して参拝していますが、今年は例年以上に参拝者が多いように感じました。
時間帯は、毎年同じ時間帯ですが、天候にも恵まれ、今日が土曜日、翌日が休みだからでしょうか?

「復興祈願」の文字にも表れている、被災からの一日も早い復旧復興を祈願する人たちも多いものと感じます。
かくいう、私もその一人ですが…

スポンサーサイト
カテゴリ
スポンサードリンク
わたしの街;検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。