スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに仙台城址に出かけました。

青葉山1  伊達政宗胸像;仙台市博物館脇
↑ 支倉常長像;隅櫓前青葉山2
城址1  仙台城址;本丸石垣
↑ 伊達政宗騎馬像と伊達武将隊;
仙台城址本丸跡
城址2
瑞鳳殿1  瑞鳳殿
↑ 瑞鳳殿参道;
伊達62万石にちなみ62段の石段
瑞鳳殿2
瑞鳳殿3  瑞鳳寺
↑ 瑞鳳殿・涅槃門瑞鳳寺1
瑞鳳寺2  広瀬川流域の段丘;
霊屋橋下流付近
↑ 瑞鳳寺;鐘楼広瀬川流域


今日は、瑞鳳殿、青葉山公園を中心に紅葉の景色を撮影する計画で家を出ました。

途中、陸奥国分寺薬師寺にふらりと立ち寄り何枚か風景を撮影し広瀬川流域から瑞鳳寺、瑞鳳殿、青葉山公園へと向いました。

仙台市博物館の付近に本丸までの通行が歩行者に限り通行可と表示されていました。

夏の季節には、まだ通行止めだったので歩行者通行可となったのは、その後のことなのでしょう。
仙台市博物館から本丸につづく道を歩いて登ると、被災の大きな傷跡は見当たりません。
ところが、帰りに仙台市博物館(三丸跡)の方向でなく隅櫓の方向に進むと、途中の石垣が大きく崩れています。
隅櫓も、以前東北大側の道路から見たときは大きな被災とは感じなかったが、裏から見ると被災の大きいことがよくわかります。

この通行止めは2015年3月の復旧完了を目指す方針といわれています。
また、崩れた石垣は、基本的に構築当時の伝統工法に従い、可能な限り元の状態に戻すと伝えられています。
より早い完全復旧を待望しています。
スポンサーサイト
カテゴリ
スポンサードリンク
わたしの街;検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。