スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙台の神社仏閣;北山五山

s_nioh_l
s_nioh_r
覚範寺山門
仁王像(吽形)
覚範寺山門
仁王像(阿形)


北山五山は、仙台城の鬼門を守る位置・北山丘陵に立てられた寺で、伊達家4代当主政依が仏教を深く信仰し「京都五山」や「鎌倉五山」に倣い創建した「伊達五山」と呼ばれた5つの寺に由来します。 これらの寺は、伊達家の本拠の変遷とともに移り変わり、仙台開府のときに仙台城の鬼門を守る寺として現在の北山の地に落ち着き、以後「北山五山」と呼ばれるようになりました。

北山五山は
光明寺
満勝寺
東昌寺
覚範寺
資福寺
の五寺ですが、満勝寺が北山丘陵から移転したため、便宜的に満勝寺に替え ・輪王寺
を加える説もあります。

尚、蛇足ながら北山五山のうち、覚範寺が一番新しく、「伊達五山」の時代に資福寺から独立したものです。

スポンサーサイト
カテゴリ
スポンサードリンク
わたしの街;検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。