スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙台の街並み;青葉通

aobadoori-1  青葉通仙台駅前バス停
↑ 仙台駅 ペデストリアンデッキよりaobadoori-2
aobadoori-6
↑ 大町交差点付近aobadoori-3
aobadoori-4  晩翠草堂交差点
aobadoori-5


青葉通は、仙台駅西口から西公園通りとの交差点・大町交差点までの仙台中心部を東西に伸びるケヤキの並木道で、定禅寺通とともに杜の都仙台を象徴する幹線道路です。

ケヤキの街路樹は中央分離帯と両側歩道の3列の並木になっており、青葉通はケヤキ並木の樹冠で覆われ行き交う人たちに憩いと潤いを与えてくれます。

仙台駅周辺や一番町アーケード街との交差点周辺には百貨店など商業施設が集中しています。
また、沿道には七十七銀行、仙台銀行の各本支店や都市銀行、近隣各県の銀行、証券会社の支店などがあり金融街といえる街並みを形成しています。

さらに、地下構造物として仙台駅前には、仙台市営地下鉄の仙台駅やJR仙石線あおば通駅、青葉通地下道、青葉通地下自転車等駐車場などがあり、仙台市営地下鉄東西線が東二番丁から西側で建設中です。

なお、青葉通は比較的新しく、第二次世界大戦の仙台空襲で壊滅した市街地復興事業の一環としてできたもので、1947年(昭和22年)に河北新報紙上で通りの名称が公募され、投票で1位になったものです。

【青葉通】  地図;Googleマップここをクリック

スポンサーサイト
カテゴリ
スポンサードリンク
わたしの街;検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。