スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松島の名庭園 円通院

円通院4  三慧殿
↑ 円通院山門円通院2
entsuuin-05  石庭「天の庭」と「地の庭」
↑ 樹齢700年以上のおんこ(右)と
円通院本堂「大悲亭」
円通院3
entsuuin-03  縁結び観音
↑ 三慧殿 禅林瞑想の庭entsuuin-06


円通院は瑞巌寺の隣にあり、仙台藩2代藩主伊達忠宗の世子で若くして亡くなった伊達光宗の菩提寺です。
円通院の奥まったところにある光宗の霊廟・三慧殿は伊達家屈指の建造物で国の重要文化財に指定されています。

円通院は名庭園としても有名で、「天の庭」と「地の庭」で構成されている石庭や江戸時代を代表する作庭家・小堀遠州作といわれる心字の池の庭、三慧殿の厨子に支倉常長が西洋から持ち帰ったバラやガーベラなどが描かれることから、これらをモチーフとしたバラの庭とも呼ばれる「白華峰西洋の庭」、三慧殿 禅林瞑想の庭などがあります。
なお、円通院には日本最古といわれる洋バラがあり、初夏の頃には満開になりバラ寺とも呼ばれています。

また、山門脇には男性と女性、今まで縁のなかった人をとりもつ「縁結び観音」もあり若い女性などにも人気の寺となっています。

【松島の名庭園 円通院】
所在地;宮城県宮城郡松島町松島字町内67
地 図Googleマップここをクリック


スポンサーサイト
カテゴリ
スポンサードリンク
わたしの街;検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。