スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の風物詩;仙台七夕まつり

tanabatasan-01 tanabatasan-02
tanabatasan-03
tanabatasan-04
tanabatasan-05tanabatasan-06
tanabatasan-07
tanabatasan-08tanabatasan-09
tanabatasan-10
tanabatasan-11tanabatasan-12


夏の風物詩として定着している仙台七夕まつりは例年8月6日、7日、8日の3日間に亘ってとりおこなわれます。
この期間は、大規模な飾り付けで多くの人が集まるアーケード街の一番町や中央通り、仙台駅周辺のほか市内各地の商店街や各家庭など個別の飾りつけも加わり仙台が七夕一色となります。

七夕の起源は、仙台藩祖の伊達政宗が婦女子の文化向上の目的で七夕を奨励したとされ、七夕飾りの意味を紹介する七夕飾りもあります。
その七夕飾りの説明によると
 吹き流し…織姫の織り糸を形どって飾り祝います。
 折鶴…長寿を願いその家で一番年長者の年の数を折って飾ります。
 短冊…学問や書の上達を願います。
 投網…豊年豊作豊漁を願います。
 くずかご…七夕飾りを作るとき出た裁ち屑・紙屑を入れて吊るします。
        整理整頓と倹約の教えになっています。
 紙衣…病や災いの身代わり、または、裁縫の上達を願います。
 巾着…富貴と貯蓄、商売繁盛を願います。

この仙台七夕まつりと平行して、祭りやイベントも数多く開催されています。
その主なものは、
・仙台七夕花火祭
  開催日;8月5日
  会場;西公園周辺
・星の宵まつり
  開催日;8月6日、7日、8日
  会場;定禅寺通り
・夕涼みコンサート
  開催日;8月6日、7日、8日
  会場;勾当台公園

【仙台七夕まつり】
 開催日;8月6日、7日、8日
 主な会場;アーケード街(一番町など)、仙台駅周辺など
 周辺地図;Googleマップここをクリック

スポンサーサイト
カテゴリ
スポンサードリンク
わたしの街;検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。