スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙台の神社仏閣;仙台東照宮

toushoguu_ishitorii
toushouguu_karamon
toushouguu_honden
仙台東照宮・石鳥居
唐門
本殿・甍
tosyoguu_sukibei
toushouguu_hisai
toushouguu_hisai2
透塀
随身門と大震災の爪跡
手水舎と大震災の爪跡


仙台東照宮は仙台の中心部の北部、七北田丘陵の南斜面にあります。
この場所は、天神社があり徳川家康が葛西大崎一揆の鎮圧視察を終え、休息した場所とされており、天神社を榴岡(榴岡天満宮)に移った後を東照大権現(徳川家康)を祀る神社として、伊達忠宗の願い出により1654年(承応3年)に創建されたものです。

江戸時代は、伊達家の守護神として仙台藩の手厚い保護を受けましたが、明治時代の一時期は荒廃しました。
境内には、本殿、唐門、透塀、石鳥居、随身門と数多くの建造物が国の重要文化財に指定されています。

【仙台東照宮】
 所在地;宮城県仙台市青葉区東照宮一丁目6-1
 地図;Googleマップここをクリック

スポンサーサイト
カテゴリ
スポンサードリンク
わたしの街;検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。